ドラッグストア薬剤師の引き止め

ドラッグストアで働いていると楽しいことばかりではなく、時々お客様に怒られたり、なじられたりすることもあるでしょう。いろんな嫌なことが続くとこんな職場やめたい!と思ったこともあるのではないでしょうか。辞めたいと思っても慣れている職場だし、転職するのも面倒だから今まで転職しなかったという人もいるかもしれませんね。

 

実際職場で上司に辞めたいといったことがある人は結構いると聞かれます。それは薬剤師の転職先がたくさんあるからだと言えるでしょう。

実際にドラッグストアで働く薬剤師が、上司に相談したときどのようなことが起きているのか説明していきます。

これって一例でしょ?と思うかもしれませんが、結構こういうことは多いのが現状です。

 

・実際あったドラッグストアの薬剤師の話

 

職場の人間関係に不満があって、もう我慢の限界だったので上司に辞めたいと相談しました。

「これほど人が足りないのに、辞めるっていうの?どうせ冗談でしょ?」と一時的に話を終えられたことがあります。

もう一度相談すると、「ちょっとその話保留にして。上と相談するから。」といわれまたそのままにされました。

しばらくしたら本部のマネージャーに呼び出され、話をしました。

「なぜ辞めたいのか、改善できることはないのか。」どうにか辞めない方法がないかと逆に相談されました。

結局何度も話し合いの機会をもち、残ることになってしまいました。

給料の面でも少し納得いかないこともあったのですが、それも少し改善し、人間関係については他の店に転勤にしてもらいました。

あのときは、これでよかったと思ったけれど、今考えてみると、引き留めにあってそのまま残ってしまっただけなので、このままでいいのか毎日悩む日々です。

 

・こうやって引き留めは常におこなわれているのが現状

薬剤師は特に不足しているので、あらゆる職場で会社側は全力で引き留めをおこないます。転職したい理由が「給料がすくない」「人間関係ががまんできない」などでしたら上司に相談することで解決できるかもしれません。

でもほとんどの方がこれだけの理由ではないかと推測されます。

例えば「違う職場を見てスキルアップしたい」「残業が多いので定時に帰れる職場にいきたい」などいろいろあります。

そんなときはやはり強い引き留めにあっても自分の意志を尊重するのが一番なのではないでしょうか。

後で後悔しても、また転職したいとはなかなか言いづらくなってしまいます。

転職したいと思ったときは、明確な理由をきちんと告げるようにしましょう。そして自分の気持ちは変わらないという気持ちを前面にぶつけることも必要なのではないでしょうか。


こういう話はわたしの地元の愛知でももちろんあるわけです。こちらに愛知の薬剤師の求人事情が載っていますが駅名だけみてもかなりあるわけです。つまり求人も多いわけで悩みも多いわけです。看護師だけでなく薬剤師もつらいものですね。



このブログ記事について

このページは、ひなのが2016年9月 7日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「看護師になって痩せた??」です。

次のブログ記事は「転職を考える前にまずは己を知りましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。