ダンスの映画

ダンスの映画って多いけど、先日テレビでやってたのでリチャード・ギアの
「シャル・ウイ・ダンス?」
を見ました。
なんていうかくっだらない感じのものではあるけど(!)、でも日本の映画のリメイクだし、
ダンスもうまくで来てました、そこは素晴らしい。

ボタン会社の経理課課長として、優しい妻やちょっぴり生意気だが可愛い一人娘にも恵まれ、
念願だった一軒家も手に入れて、仕事や家庭に何の不満もない杉山正平。
しかし、彼には満ち足りない何かがあった。正平は、ある日の会社の帰り、
電車の中から見えるダンス教室の窓に、物憂げに佇むひとりの女性岸川舞を見つける。
その美しさに目を奪われた彼は、数日後、そのダンス教室を訪れ社交ダンスを習い始めることに。

そこからストーリーは展開してくのが日本のもの。
リチャード・ギアのも同じでした。
部隊はシカゴっていう設定ですね。

奥さんが、自分の夫は浮気してるんじゃないかっていうことで調査を依頼するんだけど、
その依頼された探偵も同じように面白かったし、
ダンス教室の窓に
「Shall We dance?」
って書いた垂れ幕(じゃないか)があるのも同じ。

なんだ結局は全部同じ!?
両方見た人は分かるけど、同じです。
リチャード・ギアの踊りもすばらしい、あそこまでよく頑張ったと思う。
またDVDでも買ってみようかなって思う映画です。

このブログ記事について

このページは、ひなのが2017年7月 1日 01:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「眉で変わる人相」です。

次のブログ記事は「朝のコーヒー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。